看護学生

【看護実習】毎日同じ行動計画になってしまう人へ

投稿日:

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。
領域別実習が既に始まった人も多いと思いますが、今回は日々の行動計画が同じようになってしまう人に向けたものです。
実習でこの問題で困っている人は是非一読してみてください!

画像1

結論
・変えるポイントを押さえる
・そのポイントを少しずつ使う  

毎日同じ計画になる

実習にて、教員から良く言われることがあります。その一つが、
「毎日違った行動計画を書く。」
「日々患者の状態は違う。それを計画に落とし込んで。」
というものです。
しかし、そんなに急性期でもないので、毎日変わることもないし、計画の変えようがない…と困りますよね。
自分も実習の記録で何度同じことを言われたことか…
具体的にどこを変えればいいのか教えて下さいよ!とか思います。

画像2

変えるポイント

行動計画について日々変化させるポイントはいくつかあります。
・目標
・根拠
・援助内容
・情報収集
・治療(リハビリについて)

目標
これは日々の目標です。
ここはとにかく毎日違うことを書けと言われやすいところで、自分もかなり苦労しました。
ここはどのように変えていけばいいかと言うと、前日の目標と連鎖させることです。
例えば、”患者の身体状態の把握について”を目標にしたら、次は”身体状態を踏まえた活動状況の把握”、次は”活動状況から援助の実施について”、次は”その援助を改善して実施する”といった感じです。
また、毛色を少しずつ変えていくのも効果的です。
例えば、”患者の身体状態の把握について”を1日目にしたら、次は”心理面に着目して対象を把握する”、次は”社会面〜”、”それらを踏まえた援助の実施について”、という感じです。単純にアセスメントの順番に沿ってそれらの目標を立てるのもありですね。

根拠、援助内容
根拠や援助内容については、前日の情報を組み込んだり、患者について分かったことを書くだけで違います。
よく個別性がうんぬん…と言われますが、ここです。
例えば、バイタル測定で前日の値を入れたり、それについてのアセスメントを根拠に加えたり、また、清潔ケアについて、”どこの皮膚が弱いから気をつける”、”湯温は熱めがいい”などを内容に加えたり、という感じです。
これによって、教員は「患者のことがよく見えている、患者に合わせたケアができている」と思います。
同じような計画を感じさせない肝とも言えるでしょう。

情報収集
これは許してくれる人とそうでない人がいそうですが、患者の情報収集についての項目を計画に書くことです。
アセスメントを進めていけばいくほど、足りない情報が見えてきます。
そこで、その足りない情報を計画に書き込みます。
患者の対象理解について進めていく上でのアピールにもなりますし、自身が何が足りないのかがわかるため、実践の価値ありだと思います。

治療(リハビリ)
これは正直、あるなら日々同じ計画にはならないわ、と言われそうなことですが、治療内容やその効果について書いていく方法です。
特にリハビリなどはしやすいです。
前日は5メートル歩けた人が次の日に10メートルに挑戦して歩けた、や運動前後のSpO2の値が前回よりも高かった、などのことです。
これは活動について行動計画に反映できるため、入れても大丈夫ですし、日々の変化につながることになります。

画像3

本当に日々やることが変わらない…

そんな人は先ほどのポイントを小出しにして少しずつ変化させましょう。
プレドニンの服用による入院や社会的入院などの人は日々のスタイルが全く変わらないことが多いです。
始めから全てのポイントを変えてしまうと後が続きません。
先のことを見すえて、少しずつやっていきましょう。

画像4

まとめ

今回は毎日違う計画を立てる方法やコツを紹介しました。
最初のうちは本当にわからず、同じような計画になってしまうことも多いと思います。
しかし、これも患者によりますし、慣れてくれば何となくできるようになってきます。
諦めずに頑張ってください!
=================

鳩ぽっぽの経歴はこちら→

ツイッターもやってます!フォローはこちらから!→

=================
最後に、記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!もし、ご意見やご質問、改善点、ご希望のテーマがごさいましたら、よろしくお願いいたします。フィードバックしてよりよくしていきたいと思っております。

-看護学生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【看護学生、高校生】看護って専門学校と大学どっちがいいの?

  男性産業保健師の鳩ぽっぽです。今回は看護において大学と専門学校、どちらの進路が良いのかについて書いていきたいと思います。進路選択に迷っている高校生も、既に看護学生の人も、この先の進路の参 …

【看護学生】専門学校の方が大変?専門と大学の違い

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。今回は看護専門学校の厳しさを書いていきます。鳩ぽっぽは専門学校も大学も両方経験しているので、両者を比較していこうと思います。 違いを理解する大切さ 専門学校と大学の違いを …

【看護学生】実習で使える血液データの見方

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回は実習で使える血液データの見方について書いていきます。 血液データの見方に困る 「実習で患者さんの血液データを前にすると固まってしまい、どのデータを取ればいいのか分 …