書き方が分からない、看護実習記録を時短したい、複雑な疾患を理解したい、睡眠時間を確保したい、そんな方にオススメ!

がん

【教員に怒られない関連図】多発性骨髄腫

投稿日:




男性産業保健師の鳩ぽっぽです。
今回の関連図は多発性骨髄腫です。

この記事で知れること

  • 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報
  • 本疾患でよく出る看護診断、看護問題
  • 本疾患関連図の特徴や押さえておいた方がいい知識

病態

多発性骨髄腫とは、形質細胞のがんです。

形質細胞とは、免疫を司る血球の一つで、抗体(免疫グロブリン)を産生して病原体を排除する役割を持ちます。

この形質細胞が何らかの原因でがん化することで生じます。
原因は不明ですが、遺伝要因だと考えられています。

病態は主に3つあります。

  • 骨髄腫細胞の増殖
  • 異常免疫グロブリン(Mタンパク)の産生
  • 破骨細胞の活性化

骨髄腫細胞の増殖では、造血を司る骨髄内でがん化した形質細胞が異常に増殖し、造血機能を抑制します。
造血機能の抑制によって、赤血球、白血球、血小板の減少が起こります。
特に白血球減少は後述するMタンパクの増殖による免疫力の低下とも相まって、感染リスクの高さにつながります。

異常免疫グロブリン(Mタンパク)の産生では、本来作られる正常な免疫グロブリンがMタンパクになることで、免疫力が低下したり、血液の粘性を上昇させ過粘稠度症候群を起こしたり、様々な臓器への沈着による障害を引き起こします。
特に、腎臓への沈着によって腎障害を引き起こしやすいです。

破骨細胞の活性化では、骨破壊が進行し、骨粗鬆症のような状態になります。
高カルシウム血症や脊椎変形による痛みや痺れ、脆弱骨折などを引き起こします。

治療は、主に化学療法、放射線療法です。

看護問題・看護診断

  • 転倒・転落リスク
  • 安楽障害
  • 感染リスク

血液系のがんに多い看護問題・看護診断が挙げられます。
特に転倒転落リスクは、骨髄抑制による血小板減少、骨破壊進行による脆弱骨折が相まって、身体損傷のリスクが非常に高いのです。
環境整備等十分な配慮をしましょう。

ポイント

多発性骨髄腫は一見すると全く異なる症状が出現しますが、全て多発性骨髄腫の症状です。
関連図にその病態を表現する際、前述した3つの病態の道筋を明確に示せるかがポイントになります。
病態の道筋をきちんと理解した上で症状とつなげていきましょう。

多発性骨髄腫の病態関連図

多発性骨髄腫の病態関連図↓

参考引用文献

MSDマニュアル家庭版.多発性骨髄腫

医学書院.看護診断ハンドブック第10版

医学書院.疾患別看護過程第2版

関連リンク

その他の病態関連図記事はこちら→鳩ぽっぽの関連図ブログ

病態関連図の販売一覧はこちら→鳩ぽっぽの関連図ストア

看護学生、編入、産業保健のお役立ち情報はこちら→鳩ぽっぽのnote

鳩ぽっぽのYouTubeチャンネルはこちら→鳩ぽっぽのYouTubeチャンネル

Twitterはこちら→鳩ぽっぽのTwitter




-がん
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【教員に怒られない関連図】脳腫瘍

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は脳腫瘍です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴や押さえておい …

【教員に怒られない関連図】急性骨髄性白血病

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は急性骨髄性白血病です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴や押 …

【教員に怒られない関連図】胆嚢がん

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は胆嚢がんです。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴や押さえてお …

【教員に怒られない関連図】胃がん

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は胃がんです。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴や押さえておい …

【教員に怒られない関連図】肺がん

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は肺がんです。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本関連図の特徴や押さえておいた方がい …

プロフィール

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。看護専門学校を3年、看護大学を2年経験した看護学生でした。看護過程の中で関連図が得意で、その知識やノウハウが伝えられたらと思い関連図ブログを作ることを決意。関連図の書き方や各疾患の病態関連図を中心に記事を書いています。noteでも活動しており、看護過程や産業保健師について書いていますので是非ご覧ください。