書き方が分からない、看護実習記録を時短したい、複雑な疾患を理解したい、睡眠時間を確保したい、そんな方にオススメ!

その他疾患 無料関連図

【無料関連図】蜂窩織炎

投稿日:2021年7月21日 更新日:





男性産業保健師の鳩ぽっぽです。
今回の関連図は蜂窩織炎です。

この記事で知れること

  • 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報
  • 本疾患でよく出る看護診断、看護問題
  • 本疾患関連図の特徴や押さえておいた方がいい知識

病態

蜂窩織炎は皮膚や皮下組織に広がる細菌感染症です。

原因は皮膚の傷や手術創、熱傷、真菌感染症など皮膚に細菌が侵入できるような開口部が生じることです。また、浮腫は皮膚に傷がつきやすい状態のため、浮腫がある場合は注意が必要になります。

皮膚の開口部から細菌が侵入すると、そこで増殖し、炎症反応が生じます。
蜂窩織炎では、局所的な炎症反応に留まるため、全身症状(発熱など)は出ません。
局所的な炎症反応によって、疼痛や圧痛、発赤や熱感が生じます。また、血管透過性亢進により、部分的な浮腫や水疱形成を生じます。その他にも掻痒感や橙皮状皮膚などが出ます。

また、感染が拡大すると、リンパ節に侵入し、リンパ節炎を引き起こすこともあります。

治療は主に抗菌薬です。数日で症状は治りますが、その過程で一時的に症状が悪化することがあります。

看護問題・看護診断

  • 安楽障害
  • 感染リスク状態

掻痒感などが生じると、落ち着かなくなったり、睡眠を阻害されたりする要因になります。
感染リスク状態は、水疱などを触ったり掻いたりすることで潰してしまうと、あらたな感染症のリスクになります。

ポイント

蜂窩織炎はメインの疾患ではありません。発症したとしても、そこまで重大性が高くないかと思います。
既往にあって、書かなくてはいけない場合、現在生じている症状だけを残して、あとは削除してしまってもいいと思います。
しかし、入院してから発症することもあるので、その際はある程度病態や症状を書きましょう。

蜂窩織炎の病態関連図

蜂窩織炎の病態関連図↓

参考引用文献

MSDマニュアル家庭版.蜂窩織炎

医学書院.看護診断ハンドブック第10版

医学書院.疾患別看護過程第2版

関連リンク

関連図アプリのダウンロードはこちら→関連図アプリ

病態関連図記事はこちら→鳩ぽっぽの関連図ブログ

病態関連図の販売一覧はこちら→鳩ぽっぽの関連図ストア

看護学生、編入、産業保健のお役立ち情報はこちら→鳩ぽっぽのnote

鳩ぽっぽのYouTubeチャンネルはこちら→鳩ぽっぽのYouTubeチャンネル

Twitterはこちら→鳩ぽっぽのTwitter




-その他疾患, 無料関連図
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無料関連図】放射線療法の副反応

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は放射線療法の副反応です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい治療情報 本治療でよく出る看護診断、看護問題 本関連図の特徴や押さえて …

【看護教員に怒られない関連図】脳性麻痺

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は脳性麻痺です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴や押さえてお …

【教員に怒られない関連図】播種性血管内凝固症候群

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。今回の関連図は播種性血管内凝固症候群です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の特徴 …

【看護教員に怒られない関連図】パーキンソン病

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図はパーキンソン病です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本関連図の特徴や押さえておい …

【看護教員に怒られない関連図】熱傷(深達性Ⅱ度熱傷、Ⅲ度熱傷)

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は深達性Ⅱ度熱傷、Ⅲ度熱傷です。 この記事で知れること 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報 本疾患でよく出る看護診断、看護問題 本疾患関連図の …

プロフィール

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。看護専門学校を3年、看護大学を2年経験した看護学生でした。看護過程の中で関連図が得意で、その知識やノウハウが伝えられたらと思い関連図ブログを作ることを決意。関連図の書き方や各疾患の病態関連図を中心に記事を書いています。noteでも活動しており、看護過程や産業保健師について書いていますので是非ご覧ください。