書き方が分からない、看護実習記録を時短したい、複雑な疾患を理解したい、睡眠時間を確保したい、そんな方にオススメ!

循環器疾患

【関連図】心不全

投稿日:2021年3月2日 更新日:

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。 今回の関連図は心不全です。

この記事で知れること

  • 看護学生レベルで知っておいた方がいい疾患病態情報
  • 本疾患でよく出る看護診断、看護問題
  • 本疾患関連図の特徴や押さえておいた方がいい知識

病態

心不全は心臓機能の低下によって循環不調を起こす状態を指します。
疾患ではなく状態のため、様々な心疾患等から伸びてきやすいです。

病態としては心臓の左側から不調が生じます(左心不全)。
左心不全では主に肺循環系が障害されます。肺動脈に血液がうっ滞することで、肺うっ血となり、肺胞に水が滲出する肺水腫という症状につながります。これによりガス交換機能が障害されるため、左心不全では呼吸器系の症状が出ます。
また、心房に血液が溜まりやすくなるため、血液が凝固して塊ができ、これが血流に乗って脳血管で詰まると脳梗塞を引き起こします(心原性脳梗塞)。
その他の症状としては、体全体に送る血液量(心拍出量)が減るため、脳虚血→意識障害や全身のエネルギー不足→易疲労感、腎臓濾過量の低下→乏尿などが生じます。

さて、肺循環系がうっ血してくると肺に血液を送る右側の心臓の機能が低下していきます(右心不全)。 右心系が障害されると、全身から戻ってくる血液がうっ滞しはじめます。そのため、全身の血液が心臓以外のところに溜まりやすくなります。溜まった血液が血管外に滲出することで浮腫(むくみ)を生じ始め、足の浮腫から歩行しづらくなったり、腸管浮腫が起こることで食欲不振が起こったりします。 また、首を通る太い静脈も血液がうっ滞するため血管が浮き出てきます(頸静脈怒張)。左心不全と右心不全が生じている状態は両心不全と言われます。
このように心不全は全身症状が多く、看護ケアの必要性も高いです。

看護問題、看護診断

  • セルフケア不足
  • 活動量の低下
  • 安楽障害

心不全が進行すると呼吸障害や浮腫など活動を阻害する症状が多く出現するため、動作に伴う看護問題が増えます。学生の立場でのケアとしては、阻害されている生活動作の介助や安楽のための援助などが考えられます。

ポイント

心不全のポイントは2つあります。 ひとつ目は左心系と右心系の違いの理解です。 それぞれ出現する時期や症状が異なるため、どの症状が今の段階で出ているのかを把握してメカニズムを辿ることで病態の理解につながります。

ふたつ目は治療薬の理解です。 心不全は主に薬物療法が用いられますが、働き方は様々あります。病態の理解ができれば薬の作用の理解が深まるため、治療薬の把握はしておきましょう。(国試にもよく出ます。)

心不全の関連図

心不全の関連図↓

その他の病態関連図はこちらから→鳩ぽっぽの関連図ストア

参考・引用文献

医学書院.疾患別看護過程第2版
医学書院.看護診断ハンドブック第10版

日本内科学会雑誌.2012年101巻2号.慢性心不全の病態生理

日本内科学会雑誌.2013年102巻9号.心不全の病態と内科的治療

-循環器疾患

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

男性産業保健師の鳩ぽっぽです。看護専門学校を3年、看護大学を2年経験した看護学生でした。看護過程の中で関連図が得意で、その知識やノウハウが伝えられたらと思い関連図ブログを作ることを決意。関連図の書き方や各疾患の病態関連図を中心に記事を書いています。noteでも活動しており、看護過程や産業保健師について書いていますので是非ご覧ください。